ピルの購入場所の違い | 避妊用ピルは通販でも買える!その方法や値段とは。 menu

ピルの購入場所の違い

倒れている瓶から出ている青いカプセル

避妊用ピルは、産婦人科やクリニックで処方してもらうことができます。
医薬品ということもあり、日本国内で購入するには医師の処方箋が必要になります。
ここには少し大きな落とし穴があります。
ピルを購入する際にもその使用用途によって保険が適用されるか否かが変わってくるのです。

ピルの使用目的が、生理不順の治療を念頭に置いたものであれば保険は適用されます。
しかし、その目的が避妊のためであるならば話は変わってきます。
とはいえこれは病院やクリニックごとに変わってくることです。
そもそもそういった保険が適応されるか否かということをホームページなどで確認しておくと差し支えないでしょう。
自分の中でそのようなことを意識しておかないと、思わぬ値段に目が飛び出るかも知れません。
保険が適用されない場合というのはどのような病院でも非常に高額なのです。
だからこそ、多めにお金を持っていっておいて損をすることはありません。
保険適応外の場合は処方されるピルの料金を合わせて、5,000〜7,000円程度の費用が必要になってきます。
ピルは通常1ヶ月分の処方となりますので、それが毎月続くということを考えると保険が適応される病院やクリニックを探した方が良いかもしれません。